頑張らずにお金を貯めたい。

面倒くさがりなアラサー女が、とりあえず節約に関することを呟いていくブログです。ゆるーくマイペースをモットーに。

コンビニ通いを辞めて気付いたこと

私はかなりのコンビニ中毒でした。

 

朝ごはんはコンビニのパンとコーヒーを買い、昼ごはんはコンビニパスタと飲み物、ちょこっとしたお菓子を買い、夜ご飯もコンビニへ寄って何かしらご飯を買っていました。

お財布にも身体にも優しくない生活です。

 

節約生活開始をきっかけに、コンビニ生活を辞めてみました。

脱コンビニしてから2ヶ月が経ち、そこで私が感じたことをまとめてみようと思います。

 

無駄なものを買わなくなった

夜ご飯を買いにコンビニへ寄ったつもりが、美味しそうなスイーツを見つけてはカゴに放り込み、気付けば1000円以上買っていた…なんてことも珍しくありませんでした。

仕事終わりって疲れてるしお腹空いてるし、全部美味しそうに見えるので、ついつい多く買ってしまいがちです。

 

これが週1とかなら良いですが、毎日の積み重ねとなると、かなりの無駄遣いをしていることになります。

コンビニへ毎日通うのを、スーパーへ週1〜2回に減らすことで、衝動買いが減りました。

スーパーへ買い物に行くのは満腹時のみで、予め買うものを決めているので、お腹がすいた衝動で無駄なものを買うこともありません。

 

時間の節約になる

私は今までコンビニで「食事を作る手間と時間」を買っているつもりでした。

しかし、コンビニ通いを辞めた時の方が、時間に余裕が生まれました。

私は優柔不断なので、コンビニに寄るとフラフラ店内を回って、どれを買おうか悩んだりして、割と無駄な時間を過ごしていたことに気付いたのです。

 

ダイエットに効果的?

無駄なスイーツなどを買わなくなったので、結果的に体重が3ヶ月で3kgほど落ちました。

まぁ…夏の暑さで胃腸が弱っていたのもありますが…(^^;

コンビニ通いを辞めてお菓子の量が減ったのは、やっぱり体重が減ったことに大きく関わっているんじゃないかな?と思っています。

 

コンビニ通いを辞めて…

上記のことは、まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが…(笑)かなりのコンビニ中毒だった私がコンビニ通いを辞めて、率直に思ったことでした。

コンビニ通いを辞めるといっても、今も時々コンビニに寄ることはあります。

その時は「あの商品を買う」とちゃんと目的を持って、無駄なものを買わないように気をつけています。

 

「なんとなく」コンビニに寄ってしまうのがきっと一番ダメなんですよね。

それはコンビニに限らず、スーパーも同じ。

ちゃんと目的意識を持って、購買行動を行うことが、節約の基本なんだと改めて実感しました。